さあ、今日もお掃除とありがとうで人生を上げましょう⤴

 

 

子供の花粉症に気付いていますか?

平成29年2月8日産経新聞朝刊の記事で、花粉症の低年齢化が進んでいるとありました。

平成29年2月8日産経新聞朝刊記事はこちら

記事によりますと、製薬会社の調査では、子供の3人に1人が花粉症の症状が出ている傾向だそうです。

そう言われてみれば、私も小学生のとき、毎年このシーズンになると、何だか原因のわからない鼻水、鼻づまり、頭痛やめまいが出ていたことを思い出しました。

もしかしたら、今であれば花粉症と診断されていたかもしれません。

今でも覚えているのは、小学校6年生から中学生に上がる年の冬休み。

学習塾の無料体験みたいな講座に友達と一緒に出掛けたものの、鼻水、鼻づまりと頭痛でまったく集中できず、何の理解もできずに帰宅しました。

今の時代であれば、きっと何か対策はあったことと思います。

 

 

子供自身は花粉症の自覚がありません

上記の私自身の体験からも言えるように、子供自身は、なかなか自分が花粉症だと自覚することができません。

やはり大切なことは、保護者を中心とした周囲が適切に見極めてあげることです。

私のように鼻水、鼻づまりが強ければ、今ならすぐに花粉症と診断できるかもしれませんが、

「何となく頭がボーっとする」

「意味もなく集中できない」

こんな程度の症状があったら、もしかしたら花粉症が原因という場合もあるかもしれません。

該当するように症状がある場合は、まずは主治医に診てもらうことを強くお勧めします。

 

 

子供の花粉症対策には、フード付き眼鏡が効果的だそうです

新聞記事では、花粉症の症状が強い子供向けに開発された眼鏡やジャケットが紹介されています。

今までも大人向けであれば花粉症用の眼鏡があることは知っていましたが、子供や女性にもフィットして、花粉症に効果的で、さらにオシャレ感満載な眼鏡が開発されているようです。

新聞記事で紹介されている商品は、度が入っていないようですが、追加料金で度を入れることができるそうです。

ひと昔前なら、ただでさえ「眼鏡はイヤ!」という子供もいましたが、これなら花粉症対策として万全ですし、さらに普段と違うオシャレ感を演出することができます。

まさに一石二鳥の効果で、勉強にも集中できて成績アップも間違いありませんね。

 

 

屋外では眼鏡、屋内ではダスキンモップで対策しましょう!

そして、手前みそですが、ダスキンモップも屋内の花粉症対策には大活躍をします。

何といってもハウスダストに含まれているアレル物質を吸着する力が違います。

目に見えないハウスダストの世界を見ることができる動画もご紹介しておきます。

約10分程度と、少し長い動画なのですが、ハウスダストやホコリの世界がよく解ります。

 

 

この動画でお判り頂けるように、ハウスダストの世界は肉眼ではほとんど判りません。

しかし、肉眼では見えない世界に、ダニの糞や死骸などのハウスダストや花粉が身の回りには飛び回っています。

なかなか、市販されているペーパーモップではハウスダストを吸着し切れないことも動画を見るとよく解ります。

ダスキンモップは、

手軽に!

静かに!

手短に!

三拍子そろった有能な商品です。

お子様の健康を考えたら、ぜひダスキンモップをご利用下さい!

 

ハウスダスト掃除に最適のモップがココにあります。画像をクリックして下さい。

お電話でのお問い合わせは、
0120-12-4201
スマホの方は、

電話番号をクリックすると
電話機能が立ち上がります

 

ダスキン城北写真集はこちらをクリック!
http://www.jyohoku.com/instagram-photos/

ダスキン城北YouTubeチャンネルはこちらをクリック!
https://www.youtube.com/channel/UCXBFkWlfRWoAbqzDoZok-jQ

私からのメッセージ

鯨井 悟
鯨井 悟
『人としての生きる道』と『健全な経済活動』の調和・融合、両立を目指して、
お掃除とありがとうがあなたの人生を上げる⤴
『ありがとうの道』を提唱しています。

弊社の理念や私の地域活動に共感・応援して頂ける方には、
弊社の商品・サービスをご利用頂けたら何より幸いです。