さあ、今日もお掃除で人生を上げましょう⤴

大掃除というのは、少し大げさに家が、毎年年末にやっているライフイベントの一つです。

例えば、お子様の進学・進級、住宅購入、家族旅行などと同じことで、家族での話し合いが成果に影響してきます。

ライフイベントは、どのように協力して乗り越えていくかを話し合うことにより、コミュニケーションが深まり、その結果、家族同士の絆が深まる機会となります。

年末の大掃除という定期的にサイクルしているライフイベントに対して、あなたは夫婦間でコミュニケーションを図っていますか?

株式会社ダスキンは、毎年大掃除に関する意識調査を行っています。

今回は、年末大掃除に関する夫婦間の意識というセグメントで報告されたのでまとめます。
(以下、参考資料はすべて株式会社ダスキンのサイトより転載)

 

夫婦で取り組む大掃除の実施率

まず、既婚者の大掃除実施率は59.7%。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

「20歳以上」といういくくりでの実施率は56・9%、未婚者の実施率は52.2%でしたので、既婚者は大掃除への関心が高く、実際の実施率お高いことが分かります。

そして、既婚者の中でも共働き世帯と専業主婦世帯で分けると、共働き世帯の大掃除実施率が61.2%、専業主婦世帯は63.7%でしたので、専業主婦世帯の方が若干大掃除に取り組む率が高い状況です。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

共働き世帯は、やはり大掃除に割ける時間の問題が影響しているのでしょうか?

 

夫婦で取り組む大掃除の役割分担

次に夫婦間でどのように大掃除の役割分担をしているかの調査結果です。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

妻が大掃除で担当した場所のベスト5は、
1、キッチン周り
2、トイレ
3、リビング
4、洗面所
5、レンジフード・換気扇
と続きます。

夫が大掃除で担当した場所のベスト5は、
1、窓・網戸
2、浴室
3、レンジフード・換気扇
4、照明
5、玄関
という結果です。

そして、それぞれの場所をどうして担当したのかの理由は、
「自分が一番よく使う場所だから」
「家族がしない、またはできない場所だから」
「一番汚れている場所だから」
という答えが多い結果でした。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

個人的に面白く感じたのは、
「指示された場所だから」
「簡単に済む場所だから」
「掃除の方法がわかりやすい場所だから」
というような、どちらかというと消極的な印象の回答を面白く感じました。

 

共働き世帯は夫の大掃除に満足した割合が高い

調査項目の中に、「夫の自分の大掃除に対する取り組みを妻が満足していると思うか」という夫に対する質問と、妻が夫の大掃除に満足したか」という妻への質問がありました。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a35

その結果を見ると、共働き世帯と専業主婦世帯では、夫の評価と妻の評価に多少の差があり、共働き世帯の方がその差が少ないという結果が出ています。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a36

やはり、「働く妻を気遣う夫とその意識に感謝する妻」という構図なのかもしれません。

 

妻の大掃除自己評価は年代や働き方で違う

逆の質問で、妻の大掃除への取り組みを妻自身の評価と夫から見た評価で調査した結果としては、共働き世帯は夫婦間で評価の差にほとんどズレがなかったのに対し、専業主婦世帯では、妻の自分自身への評価が少し低くなっています。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a38

やはり、専業主婦ということで、家事に対するハードルを自分で上げている意識が表れているのではないかと思います。

奥様方、安心して下さい! ご主人はちゃんと感謝してくれていますよ!

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a39

こちらの調査でも印象的だったのは、40代共働き世帯では、妻自身の評価の方が、夫からみた評価よりも高くなっていることでした。

働く妻が、仕事をしながら家事もこなしている自分自身を高く評価しているということだと思われます。

さらに印象的なのは、40代共働き世帯に限っては、夫の自分自身への評価よりも、妻が夫を評価する方が値が高いという他の年代には見られない結果が出ています。

特に40代は、子育て、家のローン、年代的に仕事の責任感が一度に増してくる時期なので、夫婦がお互いに配慮しあって、協力し合っていることの表れなのでしょう。

 

夫の大掃除への取り組みを妻が不満に思う理由

夫の大掃除への取り組みを妻が不満に思う理由は、
「大掃除に積極的ではなかった・大掃除に参加してくれなかった」という答えが82.6%と圧倒的です。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a37

いろいろな事情があるかと思いますが、家の中のことは家族が話し合って対処するのが一番。

何よりもコミュニケーションを図れるきっかけですので、大掃除も人生を上げるイベントにして頂きたいと思います⤴

 

まとめ

子育ても大掃除も他の家事も、夫婦の協力が最重要です。

「子育てのようなやりがいを感じやすくて自己満足度を感じやすい家事には積極的だけど、大掃除などのやりがいを感じにくい地味な家事には消極的」という夫も少なくないのではないでしょうか。

それでは、妻には「良い格好できるところだけしか頑張らない」と映ってしまいます。

圧倒的多数の妻は、夫と一緒に大掃除をしたいと考えています。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a310

調査結果からは、「一緒に取り組むと早く終わるから」「一緒に取り組むと体力的な負担が減るから」「自分ではできない所(高所・力仕事)があるから」という回答が多数ですが、その裏側には「家庭内の年中行事(ライフサイクルイベント)を夫婦で共有したい」という思いがあるかと思います。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a311

家族というのは、ライフサイクルイベントを一緒に乗り越えていく過程で、協力したりお互いを補いあったり、時には議論を戦わせたりしながら絆が深まっていくものです。

大掃除に限定せずに日常のお掃除から、ご夫婦で協力して下さい!

そうすると、人生が上がります⤴

少し早めの年末大掃除キャンペーン
↑ダスキン城北のハウスクリーニングに関するお問い合わせは
上の画像をクリックして下さい。

お電話でのお問い合わせは、
0120-12-4201
スマホの方は、
電話番号をクリックすると
電話機能が立ち上がります

ダスキン城北の
ハウスクリーニングの対象エリアは
東京都23区内です。

 

ダスキン城北写真集はこちらをクリック!
http://www.jyohoku.com/instagram-photos/

ダスキン城北YouTubeチャンネルはこちらをクリック!
https://www.youtube.com/channel/UCXBFkWlfRWoAbqzDoZok-jQ

 

私からのメッセージ

鯨井 悟
鯨井 悟
『人としての生きる道』と『健全な経済活動』の調和・融合、両立を目指して、
お掃除とありがとうがあなたの人生を上げる⤴
『ありがとうの道』を提唱しています。

弊社の理念や私の地域活動に共感・応援して頂ける方には、
弊社の商品・サービスをご利用頂けたら何より幸いです。