今朝は富士山が今年初冠雪
とのニュースを聞きました!

d723944338cc3cfa70c706da9eb313fe_s

平年よりは少し遅いそうですが、
それでも秋はどんどん深まり
もうすぐハロウィンですね。

今年は30日が日曜日なので、
日曜日に家族でパーティを
される方も多いのではないでしょうか?

ぜひお掃除をして気持ちよく
ご家族でのハロウィンを楽しんで下さい!

 

昨年2015年の年末大掃除の実施率は56.9%

株式会社ダスキンは2005年から
全国の20歳以上の男女を対象に
年末の大掃除に関する
意識調査を継続しています。
(以下データ出典はすべてダスキン調べ)

2015年の年末大掃除の実施率は56.9%でした。
調査した対象の割り合いから言えば、
半数ちょっとの方が大掃除に
取り組んでいるとの結果で、
何だかんだいっても
大掃除は日本の文化として定着しています。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a31

大掃除をした理由の1位は?

『気持ちよく新年を迎えたいから』(40.3%)

我が家でも、
年末はできる範囲で大掃除をして
元旦は普段は入らない朝風呂に入ってから
お雑煮を食べるのが恒例となっています。

やはり、お正月は家がキレイだと
気持ちが良いのは皆さん同じなようですね。

では、2位は、
『普段の掃除では行き届かないところをキレイにしたいから』(30.1%)

この回答から、
特に女性は大掃除を
日頃の掃除を補う作業として
とらえていることが判ります。

続いて3位、
『年末年始の大掃除は毎年恒例の習慣だから』(21.6%)

我が家はここにも入ると言えば入ります。
これはもう日本人のDNAだと思いますし、
1位同様に『気持ちよさ』を
『習慣』まで組み込んでいることに
日本人としての
品格・文化・教養
の高さの表れだと言えます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

大掃除をしなかった理由の1位は?

『時間がなかった』(31.7%)

やはり、現代の人は、
年末であればあるほど
自分や家族のためだけに
時間が割けるという人が
減りつつあることの表れです。

年賀状も書かなくてはいけないし、
忘年会は続くし、
子供も学校が冬休みで家にいたり、
塾や習い事の送り迎えや
冬期講習もある

なかなか大掃除よりも
優先順位が高いことが
たくさんあることも理解できます。

大掃除をしなかった理由の2位以下は、
・普段からコマメに掃除している(22.3%)
・掃除が苦手・嫌い・面倒くさい(18.9%)
・大掃除する習慣がない(12.7%)
・体力的に負担が大きい(5.9%)
・汚れていない(4.5%)

と続いています。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

「掃除が苦手で嫌いで面倒」
「体力的に負担が大きい」
という層の中にも
「気持ちよく新年を迎えたい」
という方はいると思いますので、
そんな方は
是非ダスキン城北のハウスクリーニングを
ご利用下さい!

少し早めの年末大掃除キャンペーン
↑ひと足早い大掃除キャンペーンの記事は
こちら画像をクリックしてご覧下さい!

大掃除に費やした日数の1位は?

『1日』(26.9%)

全体的に見ると
「3日以内」という方が
70.3%を占めていて、
平均日数は「3.1日」でした。

ただし、
女性に限っていえば、
1位が「2日」で2位が「3日」。

それぞれの理由をみると
男性は
「計画的に1日で実施した」
との答えが多かったのに対して
女性は
「体に負担を掛けずに少しずつ大掃除をしたかった」
「1日に大掃除に取れる時間が限られていた」
との答えが多かったようです。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

ちなみに、
大掃除に要した総時間の平均は
「8時間42分」
その時間も
年代が上がるとともに
大掃除の時間も長くなる傾向でした。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a37

大掃除に最も苦戦した場所の1位は?

『浴室』と『トイレ』

これは
「最も精力的に掃除した場所」
「最も汚れが落ちにくかった場所」
「最も落ちにくかった汚れは落ちたか」
という質問の答えから総合的に
判断したものです。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a38

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a39

「レンジフード・換気扇」は
「最も精力的に大掃除をして、
最も汚れが落ちにくかったけど、
頑張った結果、75.5%の人が
汚れが落ちた」と回答しています。

このことから、
「レンジフード・換気扇」は、
時間も労力も掛かるけど、
頑張って大掃除をすると
汚れが落ちたと実感しやすい箇所、
だということが判ります。

それに対して、
「浴室」と「トイレ」は、
「精力的に取り組んではいないけど、
頑張っても汚れが落ちなかった」
という回答になっています。

「レンジフード・換気扇」は油汚れなので、
洗剤の力で頑張れば落ちる汚れだけど、
「浴室」と「トイレ」の水回りの汚れは
非常に落ちにくい汚れだということが
判ります。

 

まとめ

今年の暦をみると
12月23日(金・祝)から
25日(日)が3連休という
方も多いと思います。

この辺りでは大掃除に時間を割くのは
非常に難しくなると思います。

また、
連休が過ぎると
子供たちの冬休みに入り、
集中して大掃除することも
難しいので、
今年は前の週の
17日(土)と18日(日)
辺りに大掃除を
済ませてしまうことをお勧めします。

もしも、
「掃除が苦手で嫌いで面倒」
「体力的に負担が大きい」
という層の中にも
「気持ちよく新年を迎えたい」
という方はいると思いますので、
そんな方は
是非ダスキン城北のハウスクリーニングを
ご利用下さい!

少し早めの年末大掃除キャンペーン
↑ひと足早い大掃除キャンペーンの記事は
こちら画像をクリックしてご覧下さい!

 

ダスキン城北写真集はこちらをクリック!
http://www.jyohoku.com/instagram-photos/

ダスキン城北YouTubeチャンネルはこちらをクリック!
https://www.youtube.com/channel/UCXBFkWlfRWoAbqzDoZok-jQ

私からのメッセージ

鯨井 悟
鯨井 悟
『人としての生きる道』と『健全な経済活動』の調和・融合、両立を目指して、
お掃除とありがとうがあなたの人生を上げる⤴
『ありがとうの道』を提唱しています。

弊社の理念や私の地域活動に共感・応援して頂ける方には、
弊社の商品・サービスをご利用頂けたら何より幸いです。